及川ひなの

とても人妻のは見えない及川ひなのさんは、今でも、ナンパというか、声をかけられることがあると言います。最近は、旦那さんが夜の仕事なので、留守にしている夜だったら、アダルト動画に出たい!と言うんです。夜に密会のほうが、禁断とか、卑猥って言葉が似合います。普通は、旦那さんが仕事に出かけている昼間の方が、外出しやすいので、真昼間から、チンコを咥えたり、マンコを開いたりするんだけど、今回は、珍しく夜なんです。夜だと、なんだか卑猥さが増しますが、アダルト動画を見るのには、部屋でのセックスを撮影するので、ほとんど関係ありません。AV撮影では、お風呂場で、マンコをいじり始める、すぐに、ヌレヌレです。及川ひなのさんの水着をズラして、ハメ師が勃起したチンコをするんだけど、中出しは、NGなんです。

20歳の素人娘が、こういうエッチな仕事は、お金が稼げると思って、知らないおじさんとセックスすることに決めたと言うなんて、ぶっちゃけ過ぎています。だったら、こっちも、ぶっちゃけてもいいよね?可愛くもない20歳の女の子なんだけど、若いのに、乳首がピンク色じゃないんです。82センチと書いてあるおっぱいも、サバを読んでる気さえします。生活費が、足りなくて、稼ぐには、これしかなかったと言う感じの泣けちゃう話ではありません。だって、ハメ師の勃起したチンコでガンガン突かれると、アンアン言っちゃって、最後は、マンコに中出しされちゃってるんだけど、最高でした!って、可愛くはないけれど、飛びっきりの笑顔で言われたら、何も言えません。